最近の炊飯器はどれも多機能で、炊飯の他にも調理やパン・ケーキが作れる物がほとんどですが、ようやく購入から半年たって、挑戦しました!手作りパン。
こういうのは購入してから即、機能を試す人と何ヶ月経っても何年経ってもやらない人と分かれてしまうと思うのですが、私は後者でした。
でも、そもそも購入したきっかけはこの多機能にあるのです。
パンが作れる。
付属のトレーをセットしてご飯とおかずの同時調理が出来る。
夢が広がる。(小さな夢ですが)
でも そんな機能の付いた炊飯器を買った事でひとまず満足してしまい、とりあえず手始めに挑戦したかったパン作りの材料も揃え、いつでも出来る状態になった事でこれまた満足してしまい 月日は流れ半年経過。
「さあやろう ワクワク!」というよりも、「いい加減やるか しぶしぶ」といった感じでパン作り、取り掛かりました。
まず材料をレシピ通り合わせて20分位こねます。それを炊飯器に入れ「発酵」ボタンを押し40分程1次発酵、発酵状態がOKだったらガス抜きしてまた「発酵」ボタンを押し40分程2次発酵そして「焼き」ボタンを押したら後は焼き上がるのを待つだけ。
これだけで簡単に焼き立てパンが出来てしまいます。
材料はきっちり計るのがパンやお菓子作りの基本というのは、かつて某製パン製菓会社の品質管理事務をしていたので十分認識していたはずなのに、なんと塩の分量がレシピの見間違いで多くなってしまい、それはそれは塩辛いパンが完成。
見た目はバッチリのプレーン丸パンだったのに 味は塩辛すぎてそのままではとても食べられず味の薄い野菜や具をサンドしてようやく食べ切りました。
次回は必ずリベンジする事をを誓いました。
こんなわけで1回目は失敗に終わってしまいましたが、今度は ちぎりパンの形ににして食べやすくしようとか 生地にチーズやベーコンを入れたり、コーンも良いな、チョコレートも良いなと夢が再び広がりました。

柏市 整骨院